» 未分類のブログ記事

自然災害や事故盗難

| 未分類 |

損害保険とは、自然災害や事故盗難などいつ起こるかわからない被害に対し保険会社が被害の程度に応じて

保険金が支払われます。損害保険を契約する前に、自分自身の身の回りに対しどんな危険があるか、

そしてどんな補償が必要なのか考える事が大事です。契約をする前に保険会社や保険代理店などで詳しく情報調べ、

契約をする前には保険会社、保険会社代理店から注意事項などを説明をきちん受けましょう。

損害保険について、比較的簡単に説明させていただきます。

まず生命保険との損害保険の違いですが、生命保険は人の生死に対し損害額に関係なく一定の保険金が支払われます。

『定額保険』といいます。また損害保険は予想しなかった事故などに対して備える保険であり事故の規模、

状況により支払われる保険金の金額が変わります。『不定額保険』といいます。

損害保険を大きくわけ自動車保険、火災保険などノンマリン分野、貨物保険などのマリン分野があります。

保険料率について、それぞれの保険の種類、危険の程度に応じ、火災保険などでは保険金額1000円、

海上保険では保険金額100円に対し何円とされます。保険料率は算定会料率と業法認可料率があります。

保険金支払いの際損害額に見合った補償がきちんと支払われない場合もありますので、例えば自動車保険の運転手年齢制限、

火災保険の保険金額の細かい設定を見直しましょう。損害保険には告知義務があり保険会社に対し重要な真実、

重要な事項について申し出をしなければならないという義務があります。

義務違反があると保険会社は保険金の支払いを免れ、契約者は保険料の返還を求めることができないので

きちんと告知義務を行いましょう。

損害保険の目的

| 未分類 |

損害保険とは、損害保険会社が扱う保険商品を総称して言われるものです。

現在では略して損保と呼ばれることが多いです。損害保険の目的というのは、

風水や地震などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然の事故によって生じた損害を補償することです。

それぞれの損害保険会社が予想する損害率に応じて、損害保険料を定めています。損害保険には、

大きく分けて火災保険や自動車保険などのノンマリン分野という分野と、

船舶保険や貨物保険などのマリン分野というのがあります。日本においては保険業法を根拠となる法律として、

金融庁による監督のもとで個人から法人までの多くの方を契約対象として販売されているものがほとんどですが、

火災共済などの、保険業以外に根拠法のある損害保険もあります。

現在テレビCM等で話題となっている損害保険会社として有名なのは、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、

日本興亜損害保険、三井住友海上火災保険、三井ダイレクト損害保険、あいおいニッセイ同和損害保険等があります。

これらのよく聞く名前の保険会社は、やはり正味収入保険料や当期純利益、総資産額が高く、安心度が高い保険会社です。

他にも、外国損害保険協会加盟会社というのもあり、海外での保険が適用する会社もあります。

クレジットカードの中にも損害保険(海外旅行傷害保険)が適用されているものもあり、

その場合は当該クレジットカードを利用して乗車券等を購入した場合に限って適用されます。

損害保険とはよく耳にしますが、実際にいったいどういった役割をするものなのか。

あらゆる事故が起きてしまい、損害が発生した場合に保障するものが損害保険になります。

この損害保険には様々な種類があるのです。

火災や落雷などで起きた災害によって自宅建物や家財に対する損害を備えるための「火災保険」、

地震や噴火と津波で自宅建物と家財が損害を受けてしまった場合に補償される「地震保険」、

自動車を利用していて事故などで損害を受けてしまった時に人の傷害や物に対する損害に補償される「自動車保険」、

日常生活や旅行などで突発的な事故によるケガをしてしまった時に補償される「傷害保険」、

日常に生活している中で第三者に対しケガをさせてしまったり物を壊してしまったりなど、

法律上の損害賠償義務に備えておくための「個人賠償責任保険」といった5つの損害保険が存在します。

他に「生命保険」というものがありますが、これは人に対してかける保険になっています。

しかし「損害保険」というのはこの両方を兼ね備えた、モノにも人にもかけられる保険になっており

幅広い保険の内容と補償が受けられることもあり、加入していても損はないものになっているわけです。

やはり、自分自身が安全に過ごしていたとしても、いつどこでなにが起こるかわからない世の中ですから

こういった補償が受けられる保険は入っておくべきであるといえるでしょう。

後は、数多くある保険会社の中から自分に合った条件の保険内容を選ばれることが大切です。

損害保険の範囲はとても広く、かつ内容は複雑です。そんな損害保険の基礎知識に関して書きたいと思います。

風の災害・水の災害などの自然災害など、予測のしにくい出来ない事故により起こってしまった損害を

補償することが目的であり、保険会社が考える損害率により保険料が決められます。

大別すると、自動車保険やとか火災保険のノンマリン分野と、貨物保険とか船舶保険のマリン分野があります。

日本では、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもと個人から中小企業、

大手企業さまざまな客層を契約対象に販売しているのが殆どであるが、火災共済など、

保険業法以外に根拠法のある保険もあります。代表的な損害保険はこんなものがあります。

火災や落雷などの災害により、建物や家財がうける損害に備えるための火災保険です。

火災だけに決めた保険というよりは、建物、家財に対するトータル的な意味合いを持っています。

地震、噴火、津波を理由とする住むための建物と使用している家財がうける損害に対応するためのの保険です。

火災保険では、地震が原因となった火災は補償されないため、地震保険が必要となります。

地震保険の契約は、建物と家財を別々で契約します。契約金額は、火災保険の契約金額の30%~50%の範囲内です。

建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度額の契約になります。

なお、保険料は、所在地などにより異なります。個人賠償責任保険。

主に日常生活、旅行、遊びにおけるケガに対する備えをするための保険です。

突発的な事故によるケガの補助を目的とするため、病気は補償の対象外となります。

相互扶助

| 未分類 |

保険とは、万が一の事態に起こりうるリスクに対処するための備えであり、加入者がそれぞれ保険料を支払い、

いざというときに保障(補償)される「相互扶助」によって成り立ちます。

日本においては、国が運営するいわゆる公的な保険としての社会保障制度と民間企業・共済団体による保障制度があります。

民間の保険には生命保険会社・損害保険会社が、共済では農業協同組合のJA共済・全労済、生活協同組合のCOOP共済が有名で

す。日本ではこうした民間保険の加入率がとても高く、裏返せば国による社会保障が十分でないと言えます。

損害保険は、人の生死に対応した保険である生命保険とは違い、ものや財産についての保険であり、

偶発的な事故によって受けた損害を補償します。生命保険は一定条件をクリアしなければ加入できない場合がありますが、

損害保険は誰でも加入できるという点が最も大きな相違点です。損害保険といえばまず筆頭にあがるのが自動車保険です。

強制保険である自賠責保険と任意保険に分けられます。次に火災保険があります。

火災・落雷などで建物や家財が受けた損害に対して支払われる保険です。

地震保険は地震や津波・噴火による住居の建物・家財が受ける損害のための保険です。

地震による火災については地震保険に加入しないと補償されません。

また地震保険単体での契約はできないので、通常火災保険とセットになっています。

この他、日常生活や旅行・レジャーの際に怪我をした場合に補償される傷害保険、

第三者に怪我を負わせたり物を壊したりした時に法律上の損害賠償義務に備える個人賠償責任保険などが挙げられます。

私たちの身辺には、介護・災害・病気・怪我・死亡・賠償責任など、様々な「リスク」と呼べるものが存在します。

このようなリスクは当然不安でしょうが、リスクを避けるように生きていては、つまらない人生になってしまう事でしょう。

そこで、リスクと上手に付き合うと共に、万が一リスクに出会ってしまった時の経済的に与えられる損失を

備えておくことが大切になってきます。一般的に、これを「リスクマネジメント」と呼んでいます。

保険は、この「リスクファイナンス」の手段として有効です。

「生命保険」「損害保険」「医療保険」「がん保険」等というのが主な保険とも言えます。

その中でも第二分野にあたる「損害保険」は、自動車・火災などに関した保険が一般的とされます。

「傷害保険」は、怪我などに関した保険ですが、そもそもどのような状況・状態での怪我が対象となってくるのでしょうか。

「傷害保険」では、怪我は次に挙げる3つの条件を満たしています。

「急激」であること「偶然」であること「外来」であることです。

つまり如何に突発的なものであり、予測しかねる偶発的な事態があり、外部からの作用によるものを「怪我」と定めております。

例えば、「日焼け」の場合、早く黒くなろうと日に当たりすぎれば、皮膚が火傷という状態になりますが、

急激性というものは考えられない為、怪我とは判断されません。

逆に、普段通りに料理を作っていた際に、調理中の火で火傷をした場合、ケガと判断されます。

このように、私たちが考えている怪我という事が対象になっているという事です。

上記のような怪我を対象にしている反面、「病気」に関しては補償されていません。

その為、入会するときに「生命保険」「医療保険」とは違い、健康に関する検査などは不要です。

もちろん性別に関わらず保険料に相違もありません。

ただし、「職業」によっては保険料金が異なっています。

現在では、職業別に「A職」「B職」というように2パターンに分けられ、

タクシーの運転手・とび職のような危険リスクが高いと考えられる職業はB職とされ、同じ補償の保険でも、

A職よりも割高の計算になります。

実損払方式が一般的

| 未分類 |

損害保険は、自然災害、事故(怪我や物損被害)、盗難など偶発的に生じる損害を補てんするための保険です。

生命保険は一定額の保険金が支払われますが、損害保険は損害額により保険金の支払いが変わる実損払方式が一般的です。

実損払方式では、保険会社が定めた保険金額を上限として損害額の全額を保険金として支払われます。

これに相対し、比例払い方式があり、保険事故が生じた時に時価に対する保険金額の割合によって保険金を支払う方式で、

主に、火災保険に用いられます。損害補てんの対象は、生命保険が「人」であり「ヒト保険」とも呼ばれるのに対し、

損害保険は基本的には「モノ」と「財産」が保険の対象となり、別名は「モノ保険」です。

ここで「基本的には」と言うのも、例えば、損害保険である自動車保険では、

「モノ」である車と事故に遭った「人」の両方が保障の対象になります。

但し、損害保険の死亡保険金・入院保険金・手術保険金・通院保険金などは、

事故による怪我(または、死亡)のみが対象であり、病気による入院・手術・死亡の場合は保険金は支払われません。

損害保険(損保)は損害保険会社が、生命保険(生保)は生命保険会社がそれぞれの保険商品を提供しています。

商法により、損害保険と生命保険の2種類に分類されており、保険業法などの法令もこれにならって規定されています。

近年では、入院、介護や傷害を保障する「第三分野」の保険が注目されており、生命保険会社、損害保険会社ともに参入しています。

【損害保険のジャンルについて】損害保険は、損害保険会社で取り扱われ、あえて大別すると自動車保険や火災保険などの

「ノンマリンフィールド」と、貨物保険や船舶保険などの「マリンフィールド」があります。

【ノンマリンフィールドの保険】(1)自動車保険(強制、任意)・・・自賠責保険は、予想ができない交通事故により、

人を死なせたり、誤って怪我を負わせてしまったケースに備える保険です。法律によって、強制加入の義務付けがされています。

(2)火災保険、地震保険・・・(ア)火災保険とは、火災や雷などにより、建物等に損害が被る対策のための保険です。

火災保険には大別して2つの種類があり、住宅に対する様々なリスクをトータルで補償してくれ役割を持つ「住宅総合保険」と、

基本的なな補償の簡素な(保険商品)設計の「住宅火災保険」に分けられます。

(イ)地震保険とは、地震や津波のために建物や家具等が被害を被った場合の”対策”としての保険です。

地震保険で注意する必要があるのは”地震保険のみでは契約させてもらえない”という点です。

地震保険は火災保険と一緒に(セットで)契約する必要があります。

また、地震保険の契約では建物本体と家財のおのおの、別契約になる点にも注意を払う必要があります。

地震保険は、東日本大震災以降、急激に注目度が高くなっている商品といわれています。

後は、下記の様な商品があります。簡単に列挙するにとどめます。

(3)傷害保険(普通、家族、交通、旅行、レジャーetc.)(4)新種保険(所得補償、医療費用、介護費用、ペット保険)(5)賠償責任保険(個人、法人)(6)積立保険(積立、財形)【マリンフィールドの保険】・海上保険(船舶、運送、貨物)以上です。

リスクコントロール

| 未分類 |

普段、いつも通りに生活するだけでも、私たちの周囲には、事故、怪我・病気・災害等といったリスクが沢山存在します。

こういった突然起こるリスクというものを極力回避出来たらいいですよね。

これを「リスクコントロール」と呼びます。万が一ですが、リスクに直面してしまった際、

経済的に負うことになる損失に対応できると安心ですよね。これを「リスクファイナンス」と呼びます。

この2点を合わせて「リスクマネジメント」と呼び、私たちは考えなくてはなりません。

まず、「リスクファイナンス」の1つの手段として、「保険」への加入を考えるでしょう。

保険とは、業界の中では次のような分野があります。第一の分野は「生命保険」で、終身保険・養老保険が挙げられます。

これは、人が生存・死亡に関しての保険の支払いが一定の値であり、保険料を納めていくものです。

第二の分野は「損害保険」で、火災保険・自動車保険・海上保険などが挙げられます。

偶然性のある事故・災害等により起きてしまう損害に対しての補償で、保険料を納めていくものです。

第三の分野は、「生命保険」と「損害保険」にあてはまらないものが対象です。

2001年に、「生命保険」と「損害保険」どちらも各保険会社で商品として扱えるようになりました。

これらの中でも特に、第二の分野である「損害保険」は、火災保険・自動車保険・傷害保険のような「ノンマリン分野」と、

船舶保険・貨物保険のような「マリン分野」と細かく分けられています。

どの分野でも、偶然性のあるの事故・災害によって起きてしまった損害を支払う方式が主流となっています。