損害保険とはよく耳にしますが、実際にいったいどういった役割をするものなのか。

あらゆる事故が起きてしまい、損害が発生した場合に保障するものが損害保険になります。

この損害保険には様々な種類があるのです。

火災や落雷などで起きた災害によって自宅建物や家財に対する損害を備えるための「火災保険」、

地震や噴火と津波で自宅建物と家財が損害を受けてしまった場合に補償される「地震保険」、

自動車を利用していて事故などで損害を受けてしまった時に人の傷害や物に対する損害に補償される「自動車保険」、

日常生活や旅行などで突発的な事故によるケガをしてしまった時に補償される「傷害保険」、

日常に生活している中で第三者に対しケガをさせてしまったり物を壊してしまったりなど、

法律上の損害賠償義務に備えておくための「個人賠償責任保険」といった5つの損害保険が存在します。

他に「生命保険」というものがありますが、これは人に対してかける保険になっています。

しかし「損害保険」というのはこの両方を兼ね備えた、モノにも人にもかけられる保険になっており

幅広い保険の内容と補償が受けられることもあり、加入していても損はないものになっているわけです。

やはり、自分自身が安全に過ごしていたとしても、いつどこでなにが起こるかわからない世の中ですから

こういった補償が受けられる保険は入っておくべきであるといえるでしょう。

後は、数多くある保険会社の中から自分に合った条件の保険内容を選ばれることが大切です。