損害保険の範囲はとても広く、かつ内容は複雑です。そんな損害保険の基礎知識に関して書きたいと思います。

風の災害・水の災害などの自然災害など、予測のしにくい出来ない事故により起こってしまった損害を

補償することが目的であり、保険会社が考える損害率により保険料が決められます。

大別すると、自動車保険やとか火災保険のノンマリン分野と、貨物保険とか船舶保険のマリン分野があります。

日本では、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもと個人から中小企業、

大手企業さまざまな客層を契約対象に販売しているのが殆どであるが、火災共済など、

保険業法以外に根拠法のある保険もあります。代表的な損害保険はこんなものがあります。

火災や落雷などの災害により、建物や家財がうける損害に備えるための火災保険です。

火災だけに決めた保険というよりは、建物、家財に対するトータル的な意味合いを持っています。

地震、噴火、津波を理由とする住むための建物と使用している家財がうける損害に対応するためのの保険です。

火災保険では、地震が原因となった火災は補償されないため、地震保険が必要となります。

地震保険の契約は、建物と家財を別々で契約します。契約金額は、火災保険の契約金額の30%~50%の範囲内です。

建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度額の契約になります。

なお、保険料は、所在地などにより異なります。個人賠償責任保険。

主に日常生活、旅行、遊びにおけるケガに対する備えをするための保険です。

突発的な事故によるケガの補助を目的とするため、病気は補償の対象外となります。