実損払方式が一般的

| 未分類 |

損害保険は、自然災害、事故(怪我や物損被害)、盗難など偶発的に生じる損害を補てんするための保険です。

生命保険は一定額の保険金が支払われますが、損害保険は損害額により保険金の支払いが変わる実損払方式が一般的です。

実損払方式では、保険会社が定めた保険金額を上限として損害額の全額を保険金として支払われます。

これに相対し、比例払い方式があり、保険事故が生じた時に時価に対する保険金額の割合によって保険金を支払う方式で、

主に、火災保険に用いられます。損害補てんの対象は、生命保険が「人」であり「ヒト保険」とも呼ばれるのに対し、

損害保険は基本的には「モノ」と「財産」が保険の対象となり、別名は「モノ保険」です。

ここで「基本的には」と言うのも、例えば、損害保険である自動車保険では、

「モノ」である車と事故に遭った「人」の両方が保障の対象になります。

但し、損害保険の死亡保険金・入院保険金・手術保険金・通院保険金などは、

事故による怪我(または、死亡)のみが対象であり、病気による入院・手術・死亡の場合は保険金は支払われません。

損害保険(損保)は損害保険会社が、生命保険(生保)は生命保険会社がそれぞれの保険商品を提供しています。

商法により、損害保険と生命保険の2種類に分類されており、保険業法などの法令もこれにならって規定されています。

近年では、入院、介護や傷害を保障する「第三分野」の保険が注目されており、生命保険会社、損害保険会社ともに参入しています。