自然災害や事故盗難

| 未分類 |

損害保険とは、自然災害や事故盗難などいつ起こるかわからない被害に対し保険会社が被害の程度に応じて

保険金が支払われます。損害保険を契約する前に、自分自身の身の回りに対しどんな危険があるか、

そしてどんな補償が必要なのか考える事が大事です。契約をする前に保険会社や保険代理店などで詳しく情報調べ、

契約をする前には保険会社、保険会社代理店から注意事項などを説明をきちん受けましょう。

損害保険について、比較的簡単に説明させていただきます。

まず生命保険との損害保険の違いですが、生命保険は人の生死に対し損害額に関係なく一定の保険金が支払われます。

『定額保険』といいます。また損害保険は予想しなかった事故などに対して備える保険であり事故の規模、

状況により支払われる保険金の金額が変わります。『不定額保険』といいます。

損害保険を大きくわけ自動車保険、火災保険などノンマリン分野、貨物保険などのマリン分野があります。

保険料率について、それぞれの保険の種類、危険の程度に応じ、火災保険などでは保険金額1000円、

海上保険では保険金額100円に対し何円とされます。保険料率は算定会料率と業法認可料率があります。

保険金支払いの際損害額に見合った補償がきちんと支払われない場合もありますので、例えば自動車保険の運転手年齢制限、

火災保険の保険金額の細かい設定を見直しましょう。損害保険には告知義務があり保険会社に対し重要な真実、

重要な事項について申し出をしなければならないという義務があります。

義務違反があると保険会社は保険金の支払いを免れ、契約者は保険料の返還を求めることができないので

きちんと告知義務を行いましょう。