リスクコントロール

| 未分類 |

普段、いつも通りに生活するだけでも、私たちの周囲には、事故、怪我・病気・災害等といったリスクが沢山存在します。

こういった突然起こるリスクというものを極力回避出来たらいいですよね。

これを「リスクコントロール」と呼びます。万が一ですが、リスクに直面してしまった際、

経済的に負うことになる損失に対応できると安心ですよね。これを「リスクファイナンス」と呼びます。

この2点を合わせて「リスクマネジメント」と呼び、私たちは考えなくてはなりません。

まず、「リスクファイナンス」の1つの手段として、「保険」への加入を考えるでしょう。

保険とは、業界の中では次のような分野があります。第一の分野は「生命保険」で、終身保険・養老保険が挙げられます。

これは、人が生存・死亡に関しての保険の支払いが一定の値であり、保険料を納めていくものです。

第二の分野は「損害保険」で、火災保険・自動車保険・海上保険などが挙げられます。

偶然性のある事故・災害等により起きてしまう損害に対しての補償で、保険料を納めていくものです。

第三の分野は、「生命保険」と「損害保険」にあてはまらないものが対象です。

2001年に、「生命保険」と「損害保険」どちらも各保険会社で商品として扱えるようになりました。

これらの中でも特に、第二の分野である「損害保険」は、火災保険・自動車保険・傷害保険のような「ノンマリン分野」と、

船舶保険・貨物保険のような「マリン分野」と細かく分けられています。

どの分野でも、偶然性のあるの事故・災害によって起きてしまった損害を支払う方式が主流となっています。