損害保険の目的

| 未分類 |

損害保険とは、損害保険会社が扱う保険商品を総称して言われるものです。

現在では略して損保と呼ばれることが多いです。損害保険の目的というのは、

風水や地震などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然の事故によって生じた損害を補償することです。

それぞれの損害保険会社が予想する損害率に応じて、損害保険料を定めています。損害保険には、

大きく分けて火災保険や自動車保険などのノンマリン分野という分野と、

船舶保険や貨物保険などのマリン分野というのがあります。日本においては保険業法を根拠となる法律として、

金融庁による監督のもとで個人から法人までの多くの方を契約対象として販売されているものがほとんどですが、

火災共済などの、保険業以外に根拠法のある損害保険もあります。

現在テレビCM等で話題となっている損害保険会社として有名なのは、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、

日本興亜損害保険、三井住友海上火災保険、三井ダイレクト損害保険、あいおいニッセイ同和損害保険等があります。

これらのよく聞く名前の保険会社は、やはり正味収入保険料や当期純利益、総資産額が高く、安心度が高い保険会社です。

他にも、外国損害保険協会加盟会社というのもあり、海外での保険が適用する会社もあります。

クレジットカードの中にも損害保険(海外旅行傷害保険)が適用されているものもあり、

その場合は当該クレジットカードを利用して乗車券等を購入した場合に限って適用されます。